電話 042-758-3515 診療時間 9:30~13:00 /14:30~19:00

顎関節症・いびき・咬み合わせ(咬合)治療

咬み合わせ治療の重要性についてお伝えします

虫歯や歯周病の治療が重要であることはほとんどの方がご存知かと思いますが、咬み合わせ治療の重要性についてはあまりよく知られていないというのが現状です。咬み合わせが乱れていると、歯ならびの見た目だけでなく、顎や顔のバランス、全身の健康にも悪影響を及ぼすことがあるため、十分な配慮が必要になります。

咬み合わせ治療の重要性についてお伝えします

口腔外科治療を得意とする相模原富士見の歯医者「ふるかわ歯科クリニック」では、咬み合わせ(咬合)治療にも力を入れています。歯や歯ぐき、顎の関節に大きなダメージを与える歯ぎしりや食いしばり、それが原因となり招いてしまった顎関節症などは、咬み合わせ(咬合)治療によって改善できます。

こんな症状は顎関節症の可能性があります

症状

こういった症状にお悩みの方は、顎関節症の疑いがあります。顎関節症は顎関節に何らかの異変や症状が生じた状態全般を指す慢性疾患で、上記はその代表的なサインです。顎関節には「関節円板」と呼ばれるクッションの役割を果たす軟骨がありますが、咬み合わせの異常などによってこの関節円板を支える筋肉に過度な緊張が加わると、関節の稼働に不具合が生じます。これが顎関節症のメカニズムです。

顎関節症

顎関節症は口腔内の問題だけでなく、頭痛、肩こり、耳鳴り、耳の痛み、手足のしびれなど、日常生活に支障をきたすほどの悪影響を全身に及ぼすことがあります。顎の違和感は放置せず、早めに検査を受けて必要があれば治療しましょう。


顎関節症の治療法

矯正

矯正治療によって咬み合わせを整えます。当院では最新機器を使用して正しい検査と診断を行い、最適な矯正治療のご提案に努めています。補綴治療よりも全体的な改善が見込めます。

補綴治療

歯の欠損から咬み合わせの乱れが生じている場合は、失った歯を補う補綴治療を行います。おもな補綴治療の方法は、入れ歯治療、ブリッジ治療、インプラント治療の3種類。部分的な咬み合わせの改善に役立ちます。

理学療法

電気刺激を発生させる装置(マイオモニター)などで、固まってしまった顎の関節をほぐしていく方法です。必要に応じて血行を促進させる患部のマッサージや温熱療法、低周波マッサージなども並行して行います。

運動療法

咬み合わせの乱れによって衰えた顎や口元の筋肉をトレーニングで強化し、顎関節の動きをサポートする方法です。トレーニングは口をゆっくりと開け、ゆっくりと閉じるという簡単なもので、これを継続して行うことで効果が期待できます。

スプリント療法

「スプリント」と呼ばれるマウスピース状の装置を就寝時などに装着することで、顎関節にかかる負担を軽減する方法です。歯や顎に過度な負担をかける歯ぎしりや食いしばりといった癖を予防するのにも役立ちます。

マニュピレーション法

歯科医師が患者様のお口の中に手を入れ、関節円盤を正しい位置へと調整する手技がマニュピレーション法です。「痛い治療」というイメージを持たれるかもしれませんが、むしろ手軽に痛みを取り除ける治療法です。


健康のためにもいびきは治療しましょう

健康のためにもいびきは治療しましょう

相模原富士見の歯医者「ふるかわ歯科クリニック」では、いびきの治療も行っています。いびきがひどいと体内の酸素濃度が低下し、眠りが浅くなって睡眠不足に陥ったり、日中の記憶力や集中力が低下したり、イライラしやすくなったりするので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群とは?

>睡眠時無呼吸症候群とは?

いびきがひどい場合は、睡眠時無呼吸症候群と診断される場合があります。睡眠時無呼吸症候群は、呼吸が10秒以上停止している状態(=無呼吸状態)が1時間に5回以上、もしくは7時間の睡眠中に30回以上発生する病気です。断続的に無呼吸状態が生じることで身体に過度な負担がかかり、糖尿病、不整脈、心筋梗塞、心不全といった病気のリスクが高まるほか、脳卒中や脳梗塞の原因にもなることが分かっています。

患者様の声

  • 眠っている時にも外れず、症状も良くなった気がする。(50代男性)
  • 毎日朝までつけていられる。いびきをかかなくなった。(60代男性)
  • 頭痛が軽減した(60代男性)
  • ぐっすりと眠れたような感じがある。(40代男性)
  • 毎日つけている。ぐっすりと眠れている。(60代女性)
  • 体が軽い感じがした。ぐっすりと眠れた感じで頭がスッキリしている。
  • いびきをかかなくなったと家族に言われた。(60代男性)
  • スッキリしている(50代男性)
  • とても快適です。これがないと眠れません。(50代男性)
  • 無呼吸指数のデータがとても改善した。(50代男性)

「家族にいびきが大きいと指摘された」「睡眠不足がひどくて仕事にならない」といった方は、いびきに問題があるかもしれません。ふるかわ歯科クリニックでは、マウスピースなどを用いた負担の少ない治療をご提案しております。内科医療機関きたむら淵野辺クリニックと連携し、プライバシーに配慮した診療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。